さいたまYEGとは

委員会紹介

委員会紹介




総務委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 鎌田泰丈
  • 委員長 山口治夫
  • 副委員長 新井太久夫、長島裕之
  • 幹 事 浦野一郎、小野寺淳一
  • 基本方針
    さいたまYEGが会員数と共に参加率やメンバー同士の関係も日本一を目指す組織づくりをモットーに運営します。会員手帳では、年間の諸活動や個々の情報を正確に伝え、親睦・交流を深める為に役立つツールとして作成します。年3回の通常会員総会では、委員会メンバーの個性を生かして協力し合い、円滑な運営を行います。併せて会の方針や予算等を決定する重要性をメンバーに浸透させ参加率向上に努めます。 9月事業「研修と交流の集い春日部大会」では、県内YEGと交流を深めることでYEG活動の広がりを経験し、親睦も深まるよう各委員会と連携を密にして参加促進し、平成32年度に主管する「さいたま大会」に向けて意識向上に繋げます。

▲ ページトップに戻る


広報委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 鎌田泰丈
  • 委員長 長谷川泰
  • 副委員長 田中幸治、富澤雅樹
  • 幹 事 渡部瞬、岡嶋俊哉
  • 基本方針
    さいたまYEGは「ビジョン2008」の実現に向け、これまで当会活動で育んできた勇気と情熱を「一心」にまとめ大きな組織力を発揮できる土壌を作らなければなりません。当委員会では各事業の担当委員会との連携を強化し、メンバーが楽しみ、共に汗を流した活動やメッセージをホームページ、SNSを活用し内外へ周知します。また新入会員紹介、ビジネスPRを速やかに情報発信し会員拡大の一助となるように運営します。2月事業「全国大会各務原大会」に向けては、他委員会との交流の場を設け、積極的に参加を促します。多くのメンバーが集い、全国規模の交流を図るなかで、次代への「気づき」を感じてもらえる事業にします。

▲ ページトップに戻る


会員拡大委員会

  • 局 名 拡充局
  • 担当局長 稲田太一
  • 委員長 倉澤幸恵
  • 副委員長 山梨英男、内田雅士
  • 幹 事 外山健、松永真吾
  • 基本方針
    先輩方が現在までさいたまYEGの会員拡大に努め、全国屈指の会員数を誇る単会を継続してきました。今年度もさらなる拡大を目指すべく情報収集に力を入れ積極的なアプローチとすばやい対応を心がけ、多くの会員の獲得を目指していきます。広報委員会と連携し、新入会員の紹介とビジネスPRを兼ねホームページ上で発信していきます。 また10月事業「関東ブロック大会 沼田大会」においては、新入会員も他単会との交流を深め仲間づくりの楽しさを感じてもらい、多くのメンバー登録を目指します。 一年を通じ、さいたまYEGの魅力や楽しさを伝え、次世代を担うメンバーへつなげていきます。

▲ ページトップに戻る


新人研修委員会

  • 局 名 拡充局
  • 担当局長 稲田太一
  • 委員長 鳥澤加津志
  • 副委員長 浅見信介、原耕介
  • 幹 事 鯨井雅哉、黒田達也
  • 基本方針
    さいたまYEGは近年、多数の入会者により全国屈指の会員数を誇るようになりました。しかし、それに甘んじていては刻々と変化する時代の中で更なる成長は望めません。 当委員会では、2回の新入会員オリエンテーションで商工会議所とは何かという基本を学び、それに基づきYEGとして何をすべきかを考えることで、地域と自企業の発展を目指す勇気と情熱のある次世代のメンバーの育成を行います。 また3月事業「卒業式」では、さいたまYEGに多大なる貢献をされた卒業生の皆様を送り出す終点であると同時に、OBや卒業生との交流を通じて学んだものを、今後のさいたまYEGの発展に活かす始点となるよう企画運営を行います。

▲ ページトップに戻る


会員研修委員会

  • 局 名 研修局
  • 担当局長 田中勇一
  • 委員長 浦山和也
  • 副委員長 池亀純一、田中宏一
  • 幹 事 今井洋子、高橋満広
  • 基本方針
    我々は青年経済人として地域社会の発展に貢献していくために、常に自己研鑽をはかり、人としての資質を高め、成長し続けることが不可欠です。5月及び8月例会「会員研修」では、メンバー一人ひとりが成長するとともに、お互いを理解し合い、より絆を深めることを目標とした研修を実施します。 また、委員会メンバーが楽しく、やりがいを持って参加してもらえる活動を行い、各々の個性を十分に尊重し、また最大限発揮できる環境づくりに努めます。 委員会活動の充実からたくさんの人間関係が生まれ、お互いのビジネスに発展していくことの素晴らしさを、一人でも多くのメンバーに実感してもらうことを目指して活動していきます。

▲ ページトップに戻る


経営セミナー委員会

  • 局 名 研修局
  • 担当局長 田中勇一
  • 委員長 山下圭吾
  • 副委員長 本山喬也、青柳勇次
  • 幹 事 江藤大介、富岡大輔
  • 基本方針
    経営とは、事業目的を達成するために、継続的かつ計画的に意思決定を行って実行に移し、事業を管理遂行しなければなりません。 当委員会では「目的を達成するための目標の立て方」と、実行に欠かすことのできない「一歩を踏み出す勇気」の2点を重要課題と考え、これらに重点を置いた講師をお招きし、メンバー一人ひとりが経営の知識を深め、自企業や地域社会に還元していくことのできるセミナーを開催します。また、学んだことを次世代に正確に早く繋げられるよう委員会メンバーとともに一心になって取り組みます。

▲ ページトップに戻る


会員交流委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 岡田淳
  • 委員長 国府田俊輔
  • 副委員長 篠崎大介、藤井達哉
  • 幹 事 大崎智基、鯨井貴子
  • 基本方針
    「ビジョン2008」、今年度は10年前に思い描いた、さいたまYEG10年後の姿を形にする仕上げの年度となります。 当委員会は、11月例会「大運動会」を実施する事で、スポーツを通じて会員同士の交流を促進し、絆を深め、更なる会員関係深化を図り、「関係深さ日本一」という目標を具現化します。 開かれた事業として、他単会や家族と垣根を越えた交流を図り、さいたまYEGのブランド化に努めます。 委員会メンバーが楽しく活動し、交流を通してその楽しさの輪を広げていく事で、さいたまYEGの仲間が心をひとつにして活動できる環境を創出します。

▲ ページトップに戻る


会員親睦委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 岡田淳
  • 委員長 増田哲也
  • 副委員長 山田潤太郎、本多美佑貴
  • 幹 事 佐藤公則、野澤道明
  • 基本方針
    多くのメンバーが在籍するさいたまYEGにとって、今後更に当会を発展させていくためには、メンバー同士が楽しみや達成感を分かち合い、さらに親睦を深め、関係を深化させることが重要です。 4月例会「彩桜会(出発式)」では来賓、OBをお招きし今年度の方向性を示すことで引き続きのご支援とご協力をお願いするとともに、メンバーには同じ目的に向かっていく気運を高めてもらい、今後の例会参加人数増加に繋げます。12月例会「忘年会」ではメンバー同士の交流の場を設け、年度末に向かってさらに仲間同士の絆を深める機会を創出します。 より多くのメンバーが親睦を深め、高い意識と志を持つことで、さいたまYEGの更なる発展に繋げます。

▲ ページトップに戻る


地域事業委員会

  • 局 名 事業局
  • 担当局長 正木岳晴
  • 委員長 須ア敦史
  • 副委員長 平澤めぐみ、橋本努
  • 幹 事 安藤光輝、野口竜矢
  • 基本方針
    10月事業「さいたま市商工業イメージアップキャラクター募集」は今回で10代目を選出する節目を迎え、「さいたま小町・源氏」として定着しつつあります。選考会では歴代の小町を招待し、次世代へと歴史を繋ぐ企画・運営をします。さらに、地域活性化に向けた活動のサポートをします。さいたま市をPRする為には、メンバー全員の協力が必要です。その為にも全国屈指の会員数を誇るさいたまYEGの「仲間」と十分に連携協力し合い、事業成功のため委員会メンバー一人ひとりが積極的に意見交換をし、一丸となる運営を目指します。

▲ ページトップに戻る


地域活性委員会

  • 局 名 事業局
  • 担当局長 正木岳晴
  • 委員長 増野貴弘
  • 副委員長 石原涼一、柴田大智
  • 幹 事 久保田秀樹、宮里政樹
  • 基本方針
    当委員会ではメンバー一人ひとりが地域を支える青年経済人として地域貢献、活性化を実現するべく以下の活動に邁進します。 9月事業「オープン講演会」は1000名の集客を目標とし、その企画運営を通じて、一般の方も含めたより多くの方に「さいたまYEG」を認知していただき、その中で、次世代に繋がる人材の育成、発掘をします。 2月事業「ヤングリーダー研修会 狭山大会」では参加者110名を目標に県内他単会との交流、メンバー同士の親睦を深める活動を行います。 これらに委員会メンバーで心をひとつに、勇気と情熱をもって取り組むことで、自己研鑽、親睦を深め、社業の隆盛、地域経済の活性化に貢献します。

▲ ページトップに戻る


渉外事業委員会

  • 局 名 渉外局
  • 担当局長 星明彦
  • 委員長 加賀崎彰人
  • 副委員長 鳥井義兼、福田直貴
  • 幹 事 村越秀雄、大澤信
  • 基本方針
    今年度で7回目を迎えるさいたま婚活は、さいたま市の更なる発展を願い、地域の方々がさいたま市で出会い、次世代へ繋ぐ豊かな街としての礎を築く大規模な社会貢献事業として会員内外を問わず定着しています。今年度の活動方針は、今まで培われてきたブランディング活動と経験を柱に、事業としての礎を築きながらも継続的な発展に向け革新を求めます。委員会メンバーはさいたまYEGを代表する事業を執り行う責任と志と情熱を胸に、メンバーを支え合い自己研鑽に励み新たな試みにチャレンジし、次世代へ繋げる事業として心ひとつに邁進します。

▲ ページトップに戻る


対外交流委員会

  • 局 名 渉外局
  • 担当局長 星明彦
  • 委員長 田中大裕
  • 副委員長 菊川豊、奥田利生
  • 幹 事 宮腰昭洋、井出龍治
  • 基本方針
    当委員会では、事業を通じて参加するメンバー全員が笑顔になれる企画立案をしていきます。 6月事業「視察交流旅行」では旅行というツールを活用してメンバー同士が同じ時間や空間を共有し、思いを語らい関係深化の出来る事業にします。 また、1月事業「賀詞交歓会」では来賓、OBの方々にもご臨席を賜り、おもてなしをする中で親睦を深めていただき、現在のさいたまYEGを知っていただけるようにします。また、メンバー同士が交流する中で気持ちを和する設えにします。 真面目にふざけるをモットーに1年を通してメンバー全員で心をひとつに出来るよう笑顔の絶えない記憶に残る委員会運営をしていきます。

▲ ページトップに戻る


地域振興団

  • 統括団長 清水亮佑
  • エリア団長 志水富幸、品川真哉、岡田智大
  • エリア副団長 小島渉、棚橋克哉、石坂将義、加藤歩、江島理、笹沼尚哉
  • エリア幹事 石井健太郎、古川一就、中泉翔、和気寿恵、島田裕美子、吉田純
  • 基本方針
    今年度の地域振興団は、メンバー同士の関係が今まで以上に深化する企画・交流事業を積極的に行います。 また、各エリアにおける、歴史ある地域事業・祭事の運営・支援を行いながら、「明治天皇御親祭150年関連事業」など、新たな地域活動の支援にも挑戦します。 さらに毎月、地域振興団で合同会議を行うことで、先輩方が培ってきた活動経験をさいたまYEGメンバー全体で共有します。 地域事業の運営・支援は、我々が自治体・市民の皆さまから多くの期待を背負う重要な活動です。エリアの垣根を越えて声かけを行い、多くのメンバーに参加していただきます。 8月事業「暑気払い」は、メンバーが心から楽しめるものを企画します。

▲ ページトップに戻る


Yエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 清水亮佑
  • 団 長 志水富幸
  • 副団長 小島渉、棚橋克哉
  • 幹 事 石井健太郎、古川一就
  • メンバー 岩槻区 他
  • 基本方針
    今年度のYエリア団は、地域事業へ積極的に参加するだけでなく、新体制となる「岩槻まつり」の企画運営に責任をもって携わります。 毎月開催する会議では有意義で活発な意見交換をし、情熱をもって事業の成功を目指し、地域での認知度向上と会員拡充を図ります。 「エリア交流会」では、大いに楽しみエリアメンバーの親睦を深めます。Yエリア団に限らず、E・Gエリア団とも、8月事業「暑気払い」と「明治天皇御親祭150年関連事業」を通じて交流を深め、全国屈指の会員数を誇るさいたまYEGメンバーが、心をひとつにすることにより、深い絆を創造し、力強い地域の活力になれる一年にします。

▲ ページトップに戻る


Eエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 清水亮佑
  • 団 長 品川真哉
  • 副団長 石坂将義、加藤歩
  • 幹 事 中泉翔、和気寿恵
  • メンバー 大宮区、北区、西区、見沼区 他
  • 基本方針
    今年度のEエリア団は、「薪能」「中山道まつり」などの歴史ある行事の運営補助において、交通の要衝である大宮の利便性をアピールしながら声かけを行い、多くのメンバーに参加を促します。 また、メンバーの絆がさらに深まる「エリア交流会」を企画し、メンバーの関係深化に努めます。 「明治天皇御親祭150年関連事業」の支援においては、Y・Gエリア団と交流を深めながら、事業の成功に向けて協力をしていきます。 さらに、8月事業「暑気払い」においても、地域振興団が一致団結し、心から楽しめるものを企画します。

▲ ページトップに戻る


Gエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 清水亮佑
  • 団 長 岡田智大
  • 副団長 江島理、笹沼尚哉
  • 幹 事 島田裕美子、吉田純
  • メンバー 浦和区、南区、桜区、緑区、中央区 他
  • 基本方針
    今年度のGエリア団は、エリア内でのメンバー同士の親睦や交流を深める事業を積極的に行います。 伝統行事「浦和おどり」では、例年以上に参加者を集めて盛り上げることで、YEG活動のPRに努め、集まったメンバーの絆の強化を図ります。また、地域に密着した仲間同士の交流を目的とする、Gエリア全体が盛り上がる「エリア交流会」を企画します。 他にも各エリアでのまつり事業や「明治天皇御親祭150年関連事業」、8月事業「暑気払い」等の地域振興団としての活動への参加や声かけを行い、さいたまYEGの全メンバーが知識や経験を深め、心をひとつに、そして楽しめる一年にしていきます。

▲ ページトップに戻る